開倫塾ニュース2016年2月号










栃木県立佐野高等学校・同附属中学校
 本校は、栃木県第四中学校として明治34年に創設された創立114年を数える学校です。本校は開校以来、時代の要請に応え様々な変革を遂げて参りましたが、平成20年度に附属中学校を開校し、中高一貫教育校として更なる新たなスタートを切りました。「国際人として活躍できる真のリーダー」の育成を教育目標に掲げ、様々な教育活動のグローバル化を進めています。今年度文部科学省からSGH(スーパーグローバルハイスクール)アソシエイト校に選定され、海外グローバル研修での課題研究など、先進的な取組を行っています。卒業生は東京大学をはじめとして難関大学への進学を果たすと共に、部活動でも陸上部、水泳部、科学部などが全国レベルで活躍しており、名実ともに文武両道を実践している学校です。

本文へジャンプ