開倫塾ニュース2014年1月号
栃木県立小山高等学校
 本校は、1918年(大正7年)に創立され、今年度創立95周年を迎えます。この間、卒業生は22,000名を超え、県内はもとより、全国各地で、幅広い分野で活躍しております。 創立以来、社会の変化、時代の要請に応え、いくつかの変遷を重ねて参りましたが、現在本校は、普通科(1学年5クラス)と県内に唯一設置されている数理科学科(1学年1クラス)で構成されています。在籍生徒数は18クラスで712名です。普通科が設置された昭和47年、知・徳・体の調和のとれた豊かな人間の育成を目指す指標として「聡 直 剛」が新たに定められ、以来、この指標のもと生徒・教職員が心を一つにして、地域から信頼される学校作りを目標に日々邁進しております
本文へジャンプ