開倫塾ニュース2005年9月号


 
高校部夏期講習
 
 
 開倫塾の高校部には、高1生を対象として学校の授業の復習を徹底的にじっくり行う「総合コース」と、国公立大学や中堅以上の私立大学への進学を目指す高1から高3生を対象にした「選抜コース」があります。選抜コースは「KAIRIN予備校」として、足利・佐野・栃木・小山・鹿沼に設置されています。そこでは、近隣の開倫塾各校舎の中学部で学んだ多くの高1から高3生が継続して、大学進学を目指し勉学に励んでいます。選抜コースの夏期講習は、大手の予備校と同様に、英語・数学・理科を中心として単元別・習熟度別に多くの講座が設けられ、塾生たちはその中から自分に必要な講座を選択して受講します。高2の数学を例にとると、もう一度基礎から復習する「超・基礎数学」、高校の授業の予習を行う「基礎数学UB」、高1で学習した内容の入試実践演習を行う「実践数学TA」、高2の1学期に学習した内容の発展的な演習を行う「実践数学UB」と、4つもの講座があります。各科目ごとに、「理解」のための講座、「定着」のための講座、「応用」のための講座が日程が進むごとに設けられていますので、長い夏休みを有効に使って、高校の定期テストだけでなく「模試」や「入試」に対応できるような学力を身に付けることができます。
 中学部の皆さんも精一杯努力して第一志望の高校に合格し、KAIRIN予備校で大学合格までともに頑張りましょう。
 
 
 
 
 
 
 






























本文へジャンプ
ページタイトル