ディズニーランドツアー
 
 
 3月22日土曜日、3連休の中日だったので、ディズニーランドは混雑していました。何日か前の天気予報ではあいにくの予報でしたが、子どもたちの願いが天に届いたのか、少し肌寒かったものの雨は夜まで降らずに待っていてくれました。早朝の集合時間にも関わらず、参加者はみな元気よく、「おはようございます。よろしくお願い致します。」と挨拶をして集まってきました。鶴田校を出発し、新鹿沼駅前校の塾生たちもバスに乗り、走ること2時間半。高速を降りる頃にはファストパス用ケースを首からさげたりして、準備完了といった様子でした。
 入園すると、ディズニーのキャラクターが出迎えてくれ、子どもたちは大はしゃぎ。その後は、個々でアトラクションや買い物を楽しんでいたようです。園内で顔を合わせた時も、中間報告で電話をくれた時も、「楽しくって仕方がない=」といった感じでした。1つのアトラクションに乗るために約70分位並びましたが、見かける塾生たちのマナーは良く、学校の話や友だちの話をしたり、次に乗るアトラクションや食事をする場所について楽しそうに相談していました。今一番人気の高いアトラクションである「プーさんのハニーハント」に乗れた塾生はどれくらいいたのでしょうか。大変混雑していたようです。
 時間が経つのはあっという間で、帰りの集合時間になると、塾生たちは次々とバスに戻ってきました。たくさんのお土産を持って席に着いたものの、物足りなさそうにディズニーランドを眺めていました。
 今まで、教室でしか見たことのない子どもたちの本当に子どもらしい楽しげな表情を見ることができた、とても良い1日でした。これからも、明るく、楽しく、友だちと仲良く過ごすことの大切さを忘れずに日々を送って欲しいと思います。

 




























開倫塾ニュース2003年5月号
本文へジャンプ